日焼け止め

肌の酸化は大人にきびを悪化させる原因になります。
紫外線は肌の酸化を誘発しますから避けたいものです。
そこで、日焼け止めの出番です。

 

 

日焼け止めによるUVケアは、大人にきびケアの基本です。
最近では、デリケートな大人にきび肌のために、オイルフリー・無香料・無着色など、肌のことを考えた日焼け止めが増えています。
大人にきび肌は、配合成分に配慮した日焼け止めを選びましょう。

 

 

実は、紫外線を防止する時間を表すSPF値の高い日焼け止めは、それだけ強力な成分を含んでいます。
つまり、大人にきび肌に負担を与える可能性があります。

 

ですから、大人にきび肌の人は、SPF値の高い日焼け止めは避けた方が良さそうです。
しかも、日焼け止めは汗や皮脂などの影響で、効果は徐々に低下していきますから、塗り直す必要があります。
こまめに塗り直すという使い方が最適ですから、できるだけ、肌に負担のかからないSPF値の低い、肌に低刺激の日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

 

 

また、紫外線吸収剤という紫外線防止成分が、肌に負担を与えることがあります。
できれば、紫外線吸収剤を配合していないタイプの日焼け止めを選んだ方が良いでしょう。

 

肌への刺激を抑えたいという人は、スキンケア成分を配合した日焼け止めを使ってみるのも良いでしょう。
コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が配合されている日焼け止めがおすすめです。
紫外線から肌を守りながら、肌のうるおいケアや美肌ケアができるので、より、にきび予防に効果的です。